FC2ブログ

スペインのチョコ

お疲れ様です

先日、お客様に「チョコレート」を

スペインに旅行に行ったおみやげにと

頂きました☆

スペインで人気の菓子メーカー

デラビューダ社のチョコレートですm(__)m

DSC04210.jpg
チョコといえば「フランス」な感じですが

でも、もともとチョコの歴史はスペインから

始まったと言われておりますので

気になってしまったので

調べてみました(*^_^*)

簡単に私達が普段なにげなく食べている

「チョコレート」のはじまりを

まとめてみました

長いので始まりだけ・・・



1519年スペイン人のコルテスが、
チョコレート飲料に出会うのです。
コルテスは、通貨としてのカカオ、
万能薬としてのチョコレートの価値を認め、
スペイン国王カルロス一世に
カカオとチョコレートについて記した
書簡を送るとともに、さっそくカカオ農園まで
作っています。コルテスのこの書簡が、
ヨーロッパに初めてチョコレートの存在を
知らせるものとなりました。

実は、コルテスより前に、
コロンブスがカカオと出会っていたのですが、
カカオに興味がなかったそうです(・e・)

通貨としてのカカオはそのまま受け入れた
スペイン人ですが、
苦いチョコレートは人気がなく
「これじゃ飲めない」
と砂糖やシナモンを入れることを思いつき、
チョコレートは甘い飲み物へと大変身!
それ以降、チョコレートは植民地全体に
急速に広まっていきました。
ちなみに当時のスペイン人は、
かぁ~なりの甘党だったらしいです(゜o゜)

エキゾチックな秘薬として、
王侯貴族や聖職者の間で大流行していきます。
スペインは、この秘薬を
約一世紀もの間、門外不出としていました。

その後ひっそりとヨーロッパ各国に伝わり
「ゴディバ」
「ロイス」
「ハ―シ―」
などの有名ブランドが誕生
門外不出にしていた為出遅れてしまい
チョコといえば・・・
でスペインがパッと出てこないような印象に
なってしまったそうです

と大分長くなってしまったのですが
かなり簡単にまとめたので
興味を持った方は調べてみて下さいm(__)m

がっつり歴史も関わってきます。

デラビューダ社のチョコレートは

沢山種類があるので

じぶんでも購入してみたいと思います。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://lupushair.blog3.fc2.com/tb.php/567-aa277d2e

 | ホーム |